温泉宿黒川温泉の楽しみ方のTOPに戻る


黒川温泉の歴史

黒川温泉が人気を誇っている一番の要因は、露天風呂が充実していることです。

黒川温泉以外の温泉でも露天風呂をセールスポイントとしている所は、多いのですが、黒川温泉の「露天風呂に対する思い」は他の温泉とは比較にならないくらい徹底しています。

黒川温泉に「新明館」という旅館がありますが、新明館の後藤哲也さんは経営者ではないにも関わらず旅館が繁栄することを常日頃から考えています。

黒川温泉黒川温泉新明館の後藤哲也さんは、人々に「癒し」と「くつろぎ」を提供するのが一番だという考えに辿り着き、出した答えが「露天風呂の充実」ということです。

黒川温泉新明館の後藤哲也さんは「露天風呂の充実に間違いない」と確信し、活性化に向けて尽力を尽くしました。

露天風呂といえば風景を目出ながらのんびりお湯に浸かるというのが基本ですし、「くつろぎ」と類似しているともいえる「やすらぎ」をも考慮しています。

黒川温泉新明館では、理想の露天風呂のために樹木を植えたり、日本庭園ならぬ「野山」を再現したりすることを試み、これが大成功を成し遂げ、「新明館」が大盛況となりました。

黒川温泉の他の旅館経営者は「新明館の繁栄は、元々立地条件が良いのだから当たり前だ」との認識しかありませんでした。

黒川温泉新明館を見習って露天風呂の充実や庭を緑にする試みをする旅館は無く、依然宴会を中心とした客層しか呼ぶことのできない状態を続けていました。

黒川温泉新明館の評判がやがて爆発し、新明館の繁栄ぶりを見ていた「いこい旅館」の婿養子が新明館の後藤哲也さんに「旅館繁栄の基礎」を伝授してもらいました。

黒川温泉「いこい旅館」は、早速、女性専用の露天風呂を設置し「美人の湯」としての評判がものの見事に広まり、いこい旅館の繁盛をみて黒川温泉の各旅館が露天風呂の充実を図るようになったのです。